恩納村 琉球ガラス体験工房が贈る ガラスアクセサリーを貸切でじっくりと作る

琉球ガラス表札体験の救世主になるか?レーザーカッターの導入

Glass Worksちゅきのブログ
2022.01.25


 

 

琉球ガラス表札体験のお名前をレーザーカッターで

 

沖縄恩納村琉球ガラス表札体験で、皆さんが苦心される作業の一つが、お名前を書く事です。

表札に書くお名前を、マスキングシートにカッターで切り抜きます。

手作業なので、画数が多いお名前の場合、時間を掛けて丁寧にカッターで切り剥くわけです。

味がある仕上がりで、私は好きですが、小さなお子さんがご一緒だったり、

デザインを凝ったりするご家族には、レーザーカッターは使えるかな?と購入してみました。

 

 

沖縄のお名前は、画数が多く独特で、ふりがなが欲しいと思う事もあります。

今回は、「金城」のお名前をレーザーカッターで作ってみました。

表札では、人気の「ゴシック体」で作ります。

 

 

マスキングシートに直接レーザーを当てて、金城の字体を切り抜きます。

キレイに切れました。

 

 

ひらがなや、ローマ字も行けますね!

ひらがなの「き」「よ」は、レーザーカッターがキレイに切れます。

 

 

白いガラス色材を塗り、乾いたら黄色のマスキングシートを剥がします。

 

 

 

マスキングシートを剥がしました。

水分が多かったようで、にじんだ所は、綿棒で整えます。

 

綿棒で整えて、完成です。マスキングシートをガラスに貼って、色で塗るまで10分。

乾燥後、綿棒で整える作業に15分です。

手作業で行うより、30分以上短縮されました。

 

 

 

その後、焼き上げて完成です。

キレイに仕上がりました。

レーザーカッターを使ったお名前の仕上げは、ご予約の時にご相談ください。

文字のサイズをお伝えください。(レーザーカッター加工費¥1,000)